オリジナル小説サイトです。新刊書籍 王宮書庫のご意見番 恋するきっかけは秘密の王子様 発売中  異世界の本屋さんへようこそ! 全3巻 & 既刊 愛してると言いなさい全4巻 アルファポリス様より発売中です。よろしくお願いいたします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こんばんは、安芸です。

 まもなく第一章終了です。
 引き続きよろしくお願いいたします。
<< 前の話



「……」

 ゼクスは木陰からエミオンの様子を窺った。
 よかった……心配していたよりも体調はよさそうだ。顔色はまだ冴えないものの、日光や涼風にあたって少しは元気が出たように見える。
 エミオンが外出したと知らせがあってゼクスが駆けつけると、エミオンは庭に散歩に出たあとだった。
 足取りは七日も引きこもっていた割には、危なげない。
 エミオンはブランコを見つめて懐かしそうに触れた。地面を軽く蹴ってブランコを漕ぎ、物思いに耽るさまはもの寂しげで、ゼクスは慰めたい衝動にかられた。
 こんなにも嫌われてさえいなければ、声をかけて他愛のない話などしながらブランコの後ろに立ち、昔そうしたように背を押すことができるのに。
 そうすることができない自分をゼクスは罵った。他の誰のせいでもない、エミオンに近づけないのは自業自得である。
 緑色の精彩を欠いた瞳で、エミオンは空の彼方をただぼんやりと眺めている。やわらかな羽のように長い豊かな金髪はもうすこしで地面を掃きそうだ。
 ゼクスは腕を組んで脚を交差し、木に凭れかかった。そのまましばらくエミオンを見つめ続けた。なにもできなくても傍にいたかった。こうしてエミオンの顔を見ていられるだけで幸せだった。飽かずに何時間でも過ごせた。

「エミー……」

 幼少のみぎりのエミオンの愛称をふと口にする。
 あの頃はケンカしてもすぐ仲直りできた。エミオンは「ゼクス」と呼べず、いつも舌足らずの声で「ゼクシュ」と呼んでいた。
 ゼクスはそう呼ばれるたびに嬉しさに心が浮き立ち、エミオンのためになんでもしたものだ。木のぼりをし果実をもぎ、花を摘み、蝶を追いかけ、鳥を捕まえ、土を掘り宝物を埋め、川へ飛び込み魚と格闘し、草の海で朝露をすくい、夜には星を引っ張ろうと真剣に手を伸ばしたり、輪にした縄を投げたり、高く跳ねたりした。
 いま考えると、とてもばかげているが、当時はしごく必死だった。エミオンが一番きれいな星が欲しいと泣きじゃくったので、クアンと二人、どうにか手に入れようとあれこれ画策したものだ。
 エミオンの笑った顔が見たくて。
 ただそれだけのために生きていた。
 そして十二年経ったいまも昔と変わらない自分がいる。

「そこでなにをなさっているのですか」

 不意に背後から声をかけられてゼクスはハッとした。
 エミオンの侍女――チャチャといったか――が不審そうに探るような眼で立っていた。
 ゼクスは機敏な動作で動いた。チャチャの口を手で塞ぎ、エミオンからは死角で見えない木陰に引っ張り込む。抵抗しようとしたので「静かに」と黙らせて、相手が頷くと、ゼクスは眼でこの場を離れるよう合図した。
 エミオンには気づかれないようにそっと退散する。もしこんなところを見咎められたらまた不快な思いをさせることになり、ますます嫌われるだろう。それはゼクスにとっても本意ではない。
 チャチャの雄弁な視線は説明を求めていたが、ゼクスは正直にエミオンを盗み見していたとは告白しがたかった。
 不仲であるとはいえ、正式な夫婦なのだ。であるにもかかわらず、どこの世界に妻をこっそり眺めて満足している男がいるだろう。情けないにもほどがある。

「……エミオン姫は、なにか不自由などされていないか」

 一切の釈明をせず、ゼクスはぶっきらぼうに訊ねた。

「不自由、というのではないのですが……」
「なんだ、なにかあるのか。あるならば申せ」

 ためらいを見せたあと、チャチャは腰の位置で手を結び、言った。

「……お食事をおひとりでされたくないようでございます」

 理解するのに一秒かかった。

「なぜだ」
「寂しいのでございましょう。ご実家ではご家族の皆様が揃ってお食事されていましたので」

 ゼクスは眼をパチパチさせた。告げられた話の内容に面食らっていた。ゼクスにとっては、食事は食事、それ以上でも以下でもなく、ただ日常のひとこまであるにすぎない。家族でとろうが、ひとりでとろうが、仕事の一環としてとろうが、同じである。
 だがエミオンにとっては違うのだろう。

「わかった。その件については善処する」
「よろしくお願いします」

 チャチャは優雅で品のいい一礼をした。無駄口を叩くこともなく、ゼクスの身分におもねることもせず、振る舞いに粗野な点がみあたらないことといい、若くとも、傍仕えとしての教育が行き届いている。
 ゼクスは率直にいつかの非礼を詫びた。
 エミオンがここへ来た当日、チャチャを引き合いに脅迫じみた行為をしてしまったことをずっと悔いていたのだ。

「あのときはああ言ったが……あなたに非道な真似はしない。無論、親戚、縁者の方にも。だからどうか、これまで同様、エミオン姫をくれぐれも頼む」

 ゼクスが頭を下げるとチャチャはびっくりしたようで、慌てふためき言った。

「頭をお上げくださいませ! 王子殿下ともあろうお方が一介の侍女にそんなことをなさってはいけません」
「許してくれるか」
「許すもなにもございません。それに私はお嬢様のお世話をするためにこちらに参りました。至らぬ点もありましょうが、これからも誠心誠意、お仕えしたいと思います」

 あらためて臣下の礼をとるチャチャにゼクスも好感を抱いた。
 真面目で一途、エミオンが信頼して傍におきたがる気持ちが少し理解できた。
 二人の間の空気が和らいだそのとき、背後から張り詰めた声が飛んだ。

「チャチャに近づかないでください!」

 血相を変えたエミオンがサッと割って入った。チャチャを背に庇い、ゼクスを睨みつける。

「お待ちください、お嬢様」
「チャチャには手出ししないと約束されたはずです。なにかご用があるなら私に直接お申し付けください。こんな陰でこそこそ脅迫など、卑怯でしょう」

 とんだ誤解だ。
 だが誤解される己にこそ非があるのではないか、とゼクスは自己嫌悪に滅入りながら、弁明を試みようとするチャチャを眼で制して、エミオンをじっと見た。

「……あなたが思ったよりも元気そうで、なによりだ」
「寝てばかりは飽きました」
「泣いてばかりの間違いだろう」

 腫れぼったい眼とむくんだ顔がなによりの証拠だ。
 エミオンはいっそう険しい表情になった。ゼクスの指摘が気に入らなかったらしい。

「殿下こそ、認められたらどうですか。この結婚は間違いだと。嫌いな女を妻にするなど正気の沙汰とは思えません」
「あなたこそ、もう逃れようもないと認めたらどうなのだ。たとえ間違いでもなんでも、あなたの意にそまぬ結婚であろうと、もう遅い。あなたは私の妻で、私はあなたの夫だ」
「書類の上では、でしょう」
「既に国の内外に通達している。公の場においても、あなたは私の正妃だ」

 エミオンが息を呑む。震える瞳が衝撃に打ちのめされて暗くなる。わかっていたことだが、喜びの色は一片もない。
 いたたまれなくなって、ゼクスは背を向けた。そのまま黙って去ることもできたのだが、どうしても言わずにはいられなかった。

「あなたは、嫌いな男の妻になどなりたくなかったのだろう。わざわざ私以外と指定して、見合いを望んだほどだしな。私は、あなたに嫌われている。それは、わかる。だがわかっていても……どうしても、私はあなた以外を選べなかったのだ。すまない……」

 詫びるつもりなどなかった。
 しかしポロッと口を衝いて出てしまった。
 許してなどもらえないというのに。
 ゼクスは自分の言葉に傷つきながら、引き止められないことをいいことに、とぼとぼとその場をあとにした。


<< 次の話  
目次


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2012/08/25 02:48】 | 受難の恋
トラックバック(0) |


-
安芸様

切ないです。切なすぎます。
エミオンの立場だけであれば、ゼクスの事、許せないのに。
ひきとめられないことをいいことに、とぼとぼと・・・のシーン、胸が苦しくなりました。

ハッピーエンドと信じて疑っていないのですが、毎回ハラハラして読ませて頂いています(>_<)

これからも、ゼクスが無茶しないよう陰ながら見守っています~。
遊佐

Re: 遊佐様へ
安芸とわこ
 こんばんは、遊佐様! コメントありがとうございます。

 切ないと言っていただければなによりです。笑。←あ、笑うところじゃないですね。
 第一章もあと一話ずつ、ゆっくりめの更新ですが、おつきあいいただければうれしいです。
 
 ところで、9月が目前に迫ってまいりました。準備はよろしいですかー?
 安芸は、お約束を忘れていませんよ! 
 こちらでもお名前を出してもよろしければ、紹介しちゃいますから。いちファンとして!
 ではまた。
 引き続きよろしくお願いいたします。
 安芸とわこでした。

コメントを閉じる▲
 こんばんは、安芸です。
 
 ゆっくりめの更新であるにもかかわらず、お付き合いいただける皆様に感謝いたします。
<< 前の話 


 エミオンは七日間、部屋から一歩も出なかった。
 色々な意味で気力を失い、なにをするのも億劫で、ひどく疲れていた。
 さいわいにも、救出と傷の手当てが早かったことが功を奏したのか、首吊りの痕跡はきれいに消えていた。
 エミオンはほとんどベッドに伏せったまま無為に時間を過ごした。
 最初の数日は、ゼクスが夜に訪ねて来るのではないかと戦々恐々としたものの、まったく音沙汰がないので、そのうち、この結婚は間違いだったと認め、家に帰してくれるのではないかと期待を抱くようになっていた。 

「お嬢様、なにかお召し上がりになりませんと」
「食べたくないの」

 チャチャがエミオンの体調を気遣い、食事を運んできてくれるのだがほとんど手をつけずに残す。そんなことを繰り返すうちにだいぶ食が細くなって、気がつけば、自分でも驚くほど痩せていた。

 だが――いつまでこうして伏せっていても、はじまらない。

 病で身体を壊しても、結局は自分がみじめになるだけだ。それはなんだかゼクス王子に負けたような気がしてならない。
 自分でもなぜこれほど反発を抱くのかわからないが、なんにせよ、ゼクス王子に負けることだけは自分で自分が許せない気持ちになるのだ。
 肩を丸めて、とぼとぼと昼食を下げようとするチャチャを「待って」と引き止める。

「やっぱり……食べます」

 少しでも食べないと、体力は落ちる一方だ。

 席につき、食膳を前に胸を撫で下ろす。豆の冷たいスープと野菜とチーズを挟んだパン、蜂蜜入りのヨーグルト。どれもエミオンの好物だ。
 ゆっくりと手をつける。よく噛み、のむ。黙々と食す。傍らでチャチャが固唾を呑んで見守ってくれている。
 食べながら……エミオンは泣いていた。
 こんな寂しい食事はしたことがない。家ではいつも食卓は家族と囲むものだった。にぎやかで、笑いにみちていたものだ。

「これからずっと、私ひとりで食事をするの……?」
「お嬢様」

 おろおろとチャチャがエミオンを慰めようとするが、言葉は続かない。
 エミオンは涙を拭いながら食事を終え、不意に思い立って、庭に出てみることにした。
 七日ぶりに部屋から出ると、扉番をしていた二人の女騎士はハッと表情をあらため、どこか安堵したように口角をゆるめて、一礼した。

「外を少し散策したいのだけれど」
「お供いたします」
「案内してもらえますか」
「はい。どうぞこちらです」

 導かれるまま庭園に出た。広い。王宮正面の優雅な大庭園とは違い、こちらは素朴なつくりになっていた。雑草はきちんと刈り取られているものの、木々は自然と伸びるままに緑をしたたらせ、花壇はエミオンの好きな白い花で埋め尽くされている。
 ひときわ立派なカゼッタの大樹の太い枝にはひとり乗りのブランコが吊り下げられていて、近くにいってよく見ると、どうやら手造りのようだ。

「……」

 揺らしてみる。

「……」

 エミオンは勝手に自分が乗ってもいいものかどうか逡巡したものの、女騎士たちに止められなかったので、おそるおそる、腰かけた。体重で吊り紐が切れやしないかとハラハラしたものの、大丈夫そうだ。
 少し地面を蹴る。キィ、キィ……と優しい音をたててブランコは前後に揺れる。
 木漏れ日がまぶしい。
 風は穏やかで心地よく、エミオンは深呼吸した。久しぶりに気持ちが晴れていく。よく見ると、鮮やかな翅の蝶が花々を渡り、シッポのふさふさしたリスが小走りに駆け、鮮やかな羽の小鳥が餌箱と水場にたむろしていた。
 いつまでも飽かずに眺める。
 しだいに心が安らいでいく。

「……」

 ブランコを漕(こ)ぐ。
 そういえば、と記憶を辿る。
 昔、まだほんの幼い頃――あれはそうだ、まだゼクス王子と出会って間もないときだ――屋敷を訪れていたゼクス王子とクアン兄様とエミオンの三人で、庭のブランコで遊んでいたときのことだ。
 誰が一番遠くまで飛べるか、と競争し、エミオンが失敗して落ちた。そのままブランコに轢かれて頭をぶつけたのだ。びっくりしたのと痛いのとでエミオンはワンワンと泣きじゃくり、ゼクス王子とクアン兄様があわてて駆け寄ってブランコを止めてくれたので二度目の難は逃れることができたものの、あれ以来、ブランコで遊ぶのをやめた。そしていつのまにか庭からブランコは姿を消していたのだ。
 懐かしく思い出す。
 ブランコは大好きだった。好きだったからこそ、痛い目に遭って、なんだか裏切られた気がしたものだ。
 エミオンは小さかったのでブランコはまだうまく漕げなかった。代わりに背中を押してくれたのは、ゼクス王子とクアン兄様だ。あのときも力いっぱい大きく揺らしてくれて――結果はひどいものだったが、途中まではとても楽しかった。
 空を近くに感じ、風を切って――。
 幼い笑い声の幻聴に、ふと哀しみをおぼえる。
 確かにたのしい時間もあった。いったいいつから苛められるようになり、ゼクス王子を避けるようになったのだろう。
 エミオンは鬱々と溜め息をついた。
 悩んでも仕方のないことだ。昔はともかく、いまは不仲なのに変わりない。
 だが、他の件はともかく、ゼクス王子は庭づくりに関しては趣味がいい、とエミオンは素直に認めることにした。


<< 次の話  
目次


追記を閉じる▲

【2012/08/19 22:14】 | 受難の恋
トラックバック(0) |
 こんばんは、安芸です。
 
 人前結婚式にお呼ばれしてきました。
 感動しました。
 頭の中では色々メモりました。
 愛してる~ネタですね。
<< 前の話 
 

     

「医者を呼べ!」

 文字通り血相を変えてゼクスは王宮医師を大至急だと召集した。

「エミオン姫が怪我をされた。だがこのことは他言無用、余計なことを一言でも漏らせば容赦しない。心して治療に専念せよ!」

 命令は速やかに実行された。
 ゼクス自身は執務室にこもり、夜を徹して仕事に没頭した。否、没頭するふりをして気を紛らわせていた。
 なにかしていないと、とてもではないが正気を保てそうにない。
 あのとき――エミオンの首吊りを目撃した瞬間――本当に死ぬかと思った。胸が潰れそうな衝撃を受けたのだ。事実、エミオンにもしものことがあればゼクスも生きてはいなかったろう。
 震えが止まらない。
 歯の根が合わない。
 血流がよくない。
 脈が乱れている。
 不調だ。絶不調だ。エミオンを喪うなんて絶対に耐えられない。
 あとほんのわずか数秒でエミオンは帰らぬひととなっていた。取り返しのつかない事態になっていたのだ。ゼクスは嘔吐した。何度も何度も吐いた。胃液すら吐いて、血が混じった。
 
 エミオンをあそこまで追い詰めたのは私なのだ――。

 激しい後悔とそれでもエミオンを手放したくない利己的な想いに苛まれる。
 嫌われても。
 憎まれても。
 どう思われようとも。
 エミオンの傍にいたい。一番近くにいて見つめていたい……エミオンは嫌がるだろうが、それだけは許して欲しい、とゼクスは念じた。
 本当の夫婦にはなれなくてもいい。むりやり触れることはするまい。これ以上、エミオンを傷つけるようなことはしたくない。

「……いや、それは無理、か」

 ゼクスは自嘲気味にひとりごちた。
 傷つけるだけ傷つけた。おそらく、これからも傷つけるだろう。ゼクスがなにをしてもエミオンの気に障るに違いないのだから。
 ややあって、医師団の長がエミオンの治療を終了したと報告してきた。傷は浅く、痕も残らないという。
 ひとまず安堵し、ゼクスは労をねぎらって引き続き慎重に看護にあたり、逐一経過を報告するよう命じた。
 そこへ控えめなノックがあった。

「入れ」

 相手はわかっていた。
 ダン・スルージァだ。拝命十三貴族の第三位スルージァ家の次男で、生まれながらのゼクスの側近だ。ゼクスより四歳年長で、ゼクスの公私ともに生活全般を管理している。

「やはり起きていたのか。いいかげん、もう休め。超過労働だ」
「まだ働く」
「俺が休めと言ったら休むんだ」

 ダンはゼクスの手から書類一切を没収した。シッシ、と手を振って椅子から追い立てる。
 ゼクスは渋々と席を立った。だがその場でぐずぐずしていると、ダンが素っ気ない調子で口を切った。

「エミオン姫が自決をはかったそうだな」
「誰から聞いた」
「気色ばむな。医師団の長から報告を受けただけだ。姫君が無事でよかった――とは納得していない顔だな」

 ゼクスは執務机に寄りかかった。
 ダンは無言でゼクスが口を開くのを待っている。

「……危ないところだった。私が部屋を訪ねたのがあと少し遅ければ、エミオン姫は命を落としていた」
「助かったんだ、それでいいだろう」

 ゼクスは机の縁に指をかけた。力が入る。

「私は嫌われている。いいや、憎まれているといったほうが正しい……」
「婚姻を強要すれば嫌われるに決まっているだろうが。だからよせと言ったのに。俺ははじめから反対しただろう。おまえの嫁は、エミオン姫以外がいいと」
「私の花嫁はエミオン姫のほかは、考えられない」
「あのなあ、これも散々忠告してきたことだが、おまえの好意は重くて深すぎる。執着もひどいし、傾倒しすぎている。一方的に好きな相手と結ばれても、うまくいかないし、疲れるだけだ」
「決めつけるな」
「決めつけるさ。この十二年、エミオン姫に夢中のおまえを見てきたんだから、俺にはわかる。せめてもっとあたりをやわらかに接すればいいものを、おまえときたら執拗に追いかけまわすものだから、逃げられてばかりいるじゃないか」
「……」
「まあ、おまえが不器用なのはいまにはじまったことじゃないが……」

 ダンは言いすぎたと思ったのか、顔をしかめて頭を掻いた。

「ともかく、さらってしまった以上、どうしようもない。あとはおまえがどれだけ誠心誠意尽くし、努力して、エミオン姫に好いてもらえるかどうかだな」
「手を貸してくれ」
「わかってる。とりあえず、様子を見よう。数日は近寄るなよ」

 ゼクスは苦虫を潰した顔を浮かべた。

「……陰から見守るくらいならいいか?」
「この根暗男! もっとましなことを言え! もういい、とっとと寝ろ。明日は――いや、もう今日だが予定が立て込んでいるんだ」

 怒らせてしまった。
 ダンは口が悪く態度は横柄だが、ゼクスを裏切らないという一点においては信頼が置けた。
 いつもなんのかんのと言いつつも、味方をしてくれる。
 エミオンを娶れるようゼクスと共に国王夫妻を説得し、万事の手筈を整えてくれたのは他でもない、ダンなのだ。


<< 次の話  
目次


追記を閉じる▲

【2012/08/05 02:33】 | 受難の恋
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。