オリジナル小説サイトです。新刊書籍 王宮書庫のご意見番 恋するきっかけは秘密の王子様 発売中  異世界の本屋さんへようこそ! 全3巻 & 既刊 愛してると言いなさい全4巻 アルファポリス様より発売中です。よろしくお願いいたします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 お誕生日おめでとうございます、もにょん様!!!!!!

 昨日なんですけど……とほほ。
 日ごろお世話になっておきながら、逆バーズデープレゼントをいただいてしまった私です。
 
 こんばんは、安芸です。
 もにょん様より またしても素敵プレゼントをいただいてしまいました。
 安芸リクエストによるカトレー&ダナンです。
 今回は彼方~のリアルタイム王宮サイドです。
 かなりおもしろいです、皆様どうぞおたのしみください。

PS K様ー! もにょん様へメッセ届けさせていただきましたー。ありがとうございましたー!!
   安芸ももにょん様もとても嬉しいです~。
<< 前の話 


もにょん様より頂戴いたしました!

心づくしの短編第二弾 『負けられない勝負』

12/10/21

 紅緒とリゼが旅行に飛び立って数日が経った頃……とある場所にカトレーとダナンが呼び出されていた。
「これは由々しき事態です」
 銀縁眼鏡の鼻ブリッジをくいっと押し上げながら、男は机の上に両膝を付き組んだ両手の上に顎を乗せ、眉間に薄く皺を寄せながら呼び出した2人を見つめた。
 対して呼び出された2人はそれぞれ、苦笑したり興味なさそうに別の場所を見ていたりと、あまり真剣さはない。
「30件です。ひと月半ほどで、30件ですよ」
2人の態度に眉間の皺を深めながら、机の脇に置いてあった分厚い書類の束を叩きつけるように机の中央に持ってきて声を尖らせた。
「内約を言えば宿下がりの願い出が17件、言い争いからケンカ沙汰になったのが8件、自傷及び自殺未遂が5件……これら全てが!」
 がたんと椅子を鳴らすように立ち上がってから、自身を宥めるように1つため息を漏らす。
「――ダナン殿が妻を娶り、カトレー殿が特別の恋人を作られたことによる、王宮内に勤務する女性の嘆きが原因です」
「――お言葉ですが、それは勝手に女性方が起こした行動で、私達に言われるのは筋違いと思いますが」
 カトレーがにこやかに、けれどきっぱりと自分は関係ないと告げる。
「まぁ気持ちは分からないでもないが、俺もそんなことを言われてもな、と思うが」
 ダナンも苦笑しながらも、自分がどうこうするつもりはないと消極的に伝えた。
 だが男はそんな2人を鼻で笑うと、机を回るようにして2人に近づく。
「本当にそうでしょうか。カトレー殿はずいぶんと火遊びを楽しんでいたようですし、ダナン殿にしても同じこと。貴方達ほど優秀であれば、そして誠実に生きようと思うのであれば、女性に期待を持たせることなくあしらうことくらい簡単なことだったでしょう」
 ゆっくりと言い聞かせるように語りながら2人の前までくると、机の上の書類に触れながら再びため息を付く。
「彼女達の行動が浅慮であったことは否めません。ですが彼女達もまた深く傷ついているのです。そして王宮としては一度に優秀な人間に30人も辞められるのはそれなりの痛手であり、醜聞でもある」
 国の中枢である王宮でそんなことがあれば、国民からも他国からもいらない疑心と誤解をもたれる可能性もあって、放置はしかねる事態となっている。
 本来、侍女や女官などの取りまとめは専任の女性が行っているが、宮廷人の男性も関与しているということで王宮内人事に関わる男にこの件が回されたというわけだ。
「そこで、2人に要請します」
 男は書類の中から数枚を取り出し、ダナンとカトレーにそれぞれ渡した。
「そこに書かれている名前は、それぞれダナン殿とカトレー殿を理由に宿下がりを希望したり問題を起こしたり、苦痛を陳述してきた女性のリストです。彼女達のケアを、2週間以内に全て終えて下さい」
「お断りします。そんな時間があるならアルディ殿と過ごした方がよほど有意義です」
「俺も同感だな。妻との時間が減るのは困る」
 再び2人が突っぱねるものの、その返事は予想済みとばかりに男は不敵な笑みを浮かべた。
「3日間の休暇」
 指を3本立てて見せた男の言葉に、気のなかった2人が気を引かれたように男を見た。
「この問題を先にクリアされた方に、3日間の休暇を差し上げます。もちろん、それぞれのパートナーと共に。すでに王陛下と王妃陛下とジークウィーン様には許可をもらい済みです」
 続く男の言葉にギラリとダナンとカトレーの瞳が輝いた。
 双方ともそれなりに忙しく纏まった休暇は取り辛い身であり、さらに言えば双方共にパートナーが勤勉で余分な休暇を取らない。
 それが、王族の後押しを受けて大手を振って3日間愛しい人と思う存分イチャイチャできるとなれば……。
「その言葉に二言はねぇな?」
「もちろんです」
 ダナンの確認の言葉に男が頷くと同時に、ダナンとカトレーが対峙して睨みあう。
「まぁ、せいぜい頑張れや若造」
「ふ。錆付いた交渉術の中年に負けるなどありえませんね」
 互いに挑発の言葉の応酬をした後、それぞれリストの書類を握り締めて足早に部屋を後にした。
 その後姿を見送りながら男はいい仕事をしたとばかりの笑顔を見せながら、
「もてる男どもせいぜい苦労して爆発しろ」
 と、爽やかに言い切った。

 それから2週間後のこと。
 抱き上げた妻に耳を掴まれながらも意気揚々と馬車に乗り込み出て行くダナンと、城の中庭の隅でうなだれながら恋人に頭を撫でられているカトレーの姿があったとかなかったとか。



ありがとうございました!


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2012/10/22 03:01】 | 頂きもの
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
 もにょん様より頂戴いたしました。

 幸せな未来図のお話。
 ぜひとも、まだ未読の方は 彼方へ 西イーヴル編を読了後、ご覧ください。
 素敵な物語をありがとうございました。皆様もぜひおつきあいいただければさいわいです。
<< 前の話 


もにょん様より頂戴いたしました!

心づくしの短編 『夜空へ願う』

12/10/19

「ねぇ、まま?」
柔らかな毛足の長い絨毯に寝転がって絵本を見ていたこどもは、ふと顔を上げて傍らに座る母親の顔を見上げた。
「なぁに?」
絵本を読むのを止めて微笑みながら彼女はちょっと首を傾げて自分のこどもに視線を移す。
「ままはたくさんのながれぼし、みたことある?きれい?」
こどものきらきらと期待に輝く瞳を愛しそうに見つめながら彼女は頷いた。
「あるわ。とてもたくさんの流れ星がとても綺麗だったわ」
「どのくらいたくさん?10こくらい?」
小さなもみじのような両手をぱっと開いて突き出して見せるこどもにクスクスと笑いながら首を横に振る。
「もっともっとたくさん。お空を埋め尽くすくらい」
「わぁ!じゃあ、たくさんおねがいごとできるね!ままはなにをおねがいしたの?」
「ままは、ずっとぱぱと一緒にいられますようにってお願いしたわ。あなたは何をお願いするの?」
訪ね返されて眉間に小さく皺を寄せるほど真剣に考えて、こどもは1つ1つと指を折っていく。
「えーと、えーとね、またジークおじちゃまとあそびたいでしょ、あとケーキをたくさんたべたいでしょ、あたらしいボールがほしいでしょ、それから、それから……ままとぱぱみたいになかよくくらせるひとがほしい!」
最後の願い事にちょっと驚いた表情をする母親に、こどもはニコッと微笑んで首を傾げた。
「わたしにもできるかな?」
「……そうね、きっと現れると思うわ。でもそのお願いごとは、ぱぱにはナイショね?」
「どーして?」
「ぱぱが寂しいって泣いて拗ねちゃうから」
「ぱぱ、すぐないちゃうね」
2人は顔を見合わせてクスクスと笑った。


                         
   ありがとうございました!
<< 次の話  
目次


追記を閉じる▲

【2012/10/21 19:13】 | 頂きもの
トラックバック(0) |
 こんばんは、安芸です。
 先日から、ハロウィーン仕様の拙宅です。

 以下、世界旅行八・九・十 およびそれ以降についてです。
 お時間のある方のみおつきあいください。
 読まなくとも本文には支障ありませんので興味のない方は回れ右にてお願いいたします。
 悪戦苦闘しました。笑。
 R15の範囲内で、かつ、甘く深く落しこむという離れ業をやり遂げねばならず、かつてなく頭を悩ませました。脳内爆発です。はは。は……。←虚ろな眼。
 要は、言葉責め。リゼの性格に見合った言葉で、彼が取るような態度で、更に紅緒にも同じことが言えるわけで。目指したトップはロマンティック・微エロ。
 書いていて、何度も「うわあああああ」ってなりました。私の方が悶絶死しそうでした。

 物語を物語ることは何年経っても難しいです。
 どうやって書いても自己投影は一部免れませんし、それが作者の特権でもあり、注意点でもあり……登場人物の行動範囲内から外れない言動を反映させなければならず、それがわかっていてもうまく書ききれるか、ということは別問題なわけで……とりあえず。
 全力を尽くしました。
 日程に余裕などまったくないのに、この二人の初夜を書くのに実に二週間!! 書いては書き直し、書いては書き直し。激しく自分の文才のなさを痛感しました。とほほ。
 
 せっかくの初夜なので、夜にUPします。十六夜。台風が接近してるからお月見はできなくて残念ですが……。
 10月1日19時に予約投稿かけています。お時間のある方、おつきあいいただければさいわいです。
 R15です。苦手な方は読まないようお願いいたします。
 続く翌朝 世界旅行・十 もそうです。こちらもご注意ください。
 そして、よりいっそう仲良くなった二人の旅はそんなこんなの会話がところどころに展開する予定。
 苦手~な方もいらっしゃることかと思いますので、念のため、ご留意ください。

 感想等ありましたらよろしくお願いいたします。
 安芸とわこでした。


追記を閉じる▲

【2012/10/01 00:17】 | 日々あれこれ
トラックバック(0) |

No Title
ワイニスト
 記念すべき『日々のあれこれ』100UP目。

 先にお祝いしているのかと思いましたが……
 いいんですよね? ワイニストが取っちゃっても。
 おおぉめでとうございますぅぅぅぅ!!
 日々が苦しく、すぐ後ろからはリミットも追いかけてきているのでしょう。
 頑張って、とは言いませんよー。
 
 ……羨ましい。そんな生活が、ちょっぴり嫉妬です。
 だから、頑張って。
 あなたの100UP、げとです。
 みんな、ざまぁみろ!!

Re: ワイニスト様へ
安芸とわこ
 おはようございます、ワイニスト様! コメントありがとうございます。

 そうなんですよ~。いつのまにか100。私もつい最近まで気が付いていませんでした。
 そして気がついたときは修羅場のど真ん中のため、なにもできなかったという……。
 なので、お祝い嬉しいです。ありがとうございます。

 毎度のことながら、とってもギリな生活です。
 会社の決算月だし、読みたい本は出るし、チャックは見たいし、利き手の爪ははがすし、???な依頼のお誘いもあったし、あーっ、重なる時は重なる~。はは、は……楽しいですよ、毎日、ええ。
 そんなこんなで、皆様のもとに行けずじまい。よけいにフラストレーションが溜まる~。
 ひと段落ついたら、参ります。LOVE~があのあとどう決着したのか、楽しみです。
 ではまた。
 安芸でした。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。