プロフィール

安芸とわこ

Author:安芸とわこ
 安芸とわこと申します。aki・towako

 ここに置いてある作品は管理人のオリジナルであり、著作権は管理人にあります。無断転載やパクリは厳しく対処いたします。どうぞご了承くださいませ。

 尚、荒らしや悪戯目的の訪問は固くお断りいたします。
 感想・ご意見等は喜んで承ります。

 新刊書籍 王宮書庫のご意見番 発売中
 書籍 恋するきっかけは秘密の王子様 発売中
 書籍 異世界の本屋さんへようこそ! 全3巻 発売中
 書籍 愛してると言いなさい 全4巻 発売中

では、物語が少しでも皆様の心に届きますように……。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新刊 王宮書庫のご意見番

王宮書庫のご意見番 (レジーナブックス)

新品価格
¥1,296から
(2017/4/27 22:32時点)

恋するきっかけは秘密の王子様

恋するきっかけは秘密の王子様 (レジーナブックス)

新品価格
¥1,296から
(2016/5/26 21:43時点)

異世界の本屋さんへようこそ!3

異世界の本屋さんへようこそ!〈3〉 (レジーナブックス)

新品価格
¥1,296から
(2015/6/18 17:42時点)

異世界の本屋さんへようこそ!2

異世界の本屋さんへようこそ!〈2〉 (レジーナブックス)

新品価格
¥1,296から
(2014/9/1 12:17時点)

異世界の本屋さんへようこそ!

異世界の本屋さんへようこそ! (レジーナブックス)

新品価格
¥1,260から
(2014/1/22 13:55時点)

愛してると言いなさい 

愛してると言いなさい (レジーナブックス)

新品価格
¥1,260から
(2011/12/22 01:19時点)

愛してると言いなさい・2

愛してると言いなさい〈2〉 (レジーナブックス)

新品価格
¥1,260から
(2012/1/2 17:42時点)

愛してると言いなさい・3 

愛してると言いなさい 3 (レジーナブックス)

新品価格
¥1,260から
(2012/8/1 22:51時点)

愛してると言いなさい番外編~彼方へ~

愛してると言いなさい番外編―彼方へ (レジーナブックス)

新品価格
¥1,260から
(2013/12/26 11:13時点)

愛してると言いなさい 
愛してると言いなさい・2
愛してると言いなさい・3
愛してると言いなさい・番外編~彼方へ~
アルファポリス様
 
04/29(Sat)

王宮書庫のご意見番・番外編Upのお知らせ

 こんばんは、安芸とわこです。

 本日は新刊書籍 王宮書庫のご意見番番外編UPをお知らせに参りました。

 明日4月30日7時にアルファポリスHP内掲載予定です。
 こちらは本作品を読了済みの読者様に向けた小話です。ネタバレ考慮していません

 まずあらすじをご覧いただいてから、ご一読くださいませ。
 また、ネタバレは一切気にしないよ~という読者様も大歓迎です。ぜひ、お寄りください。
 引き続きよろしくお願い致します。
 安芸とわこでした。
 
 
スポンサーサイト
 
04/26(Wed)

王宮書庫のご意見番・裏話その二

 こんばんは、安芸とわこです。
 拙作新刊 王宮書庫のご意見番 の発売がいよいよ明日に迫りました。
 既にカバージャケットがオンラインショップで公開になっています。
 表紙も可愛いですが、挿絵も素敵仕様です。ぜひお手に取っていただければ嬉しいです。

 以下、裏話その二です。
 ネタバレは含みませんが、興味のない方は回れ右でお願い致します。
 
04/06(Thu)

王宮書庫のご意見番・裏話その一

 こんばんは、安芸とわこです。
 拙作の新刊 王宮書庫のご意見番 が4月末刊行予定です。
 以下、宣伝……? になるかどうかはともかく、せっかく新刊本が出るのだから、なにかしなければと謎の使命感にかられています。
 読まなくても、知らなくても、なに一つ支障はありません。
 ネタバレは含みませんが、興味のない方は回れ右でお願い致します
 
04/05(Wed)

王宮書庫のご意見番 4月末発売です

こんばんは、安芸とわこです。

新刊 王宮書庫のご意見番 アルファポリスレジーナブックス 4月末刊行 本体1200円+税

発売が決定しましたので、お知らせです。
既にオンラインショップや書店でも予約が始まっております。アルファポリスHP刊行予定にも掲載中。
宣伝コピー『瞬間記憶能力持ちの少女、陰謀に巻き込まれて王宮を大奔走!?』

レジーナブックス刊行予定での紹介文は、こちら↓ 
 
 一度読んだり見たりしたものは決して忘れないという能力を持つ平民の少女、カグミ。とはいえ、本人はそんなこと全く気にせず、家業の印刷工房を手伝い、平和に過ごしていた。しかしある日、彼女は王宮の書院で働くよう命じられる。王宮なんて嫌だけれど、もし家族が罰せられてはとカグミは泣く泣く一年間の奉公に出ることに……。そうして出仕してみれば、貴族に悪口を言われたり嫌がらせをされたり、もう散々! しかも、王宮内の毒殺事件に関わったことで、カグミは麗しい腹黒王子に目をつけられてしまう。彼は、カグミを保護する代わりに、この事件の解決に協力するよう要求してきて――!?

書き下ろし作品です。
ぜひ、お手に取っていただければ嬉しいです!
まだ発売まで間がありますが、書店に並ばないことも多いと聞きますので、できましたらご予約くださいませ。

次回、上の紹介文にない裏話その一 ネタバレなしをお届けします。
 
HOME
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
安芸物語