オリジナル小説サイトです。新刊書籍 王宮書庫のご意見番 恋するきっかけは秘密の王子様 発売中  異世界の本屋さんへようこそ! 全3巻 & 既刊 愛してると言いなさい全4巻 アルファポリス様より発売中です。よろしくお願いいたします

 安芸です。

 受難の恋(じゅなんのこい)開始しました。
 好きな相手に素直になれず嫌われている三番目の王子と、
 嫌いな相手からどうしても逃げられない貴族の姫君の物語。
 どうぞよろしくおつきあいください。

*改訂版を小説家になろう様に重複投稿しています。
目次>>






 出会いは、ゼクスが四歳、エミオンが三歳のときだった。

 大広間で開かれた盛大なパーティ会場で、その小さな女の子を見た瞬間から、ゼクスはまったく動けなくなってしまった。
 あんまり長い間ポケッと口をあけて女の子を見ていたので、そんなゼクスに気づいた次兄のジョカに話しかけられても、すぐに返事ができなかった。

「誰のことを見ているんだ?」
「あの子」
「エミオン姫じゃないか。……話したいのか?」

 ゼクスはコクッと頷いた。
 次兄ジョカが「エミオン姫」と呼んだその子は、大勢の大人に囲まれて、つまらなそうにしている。

「……どうしたら笑ってくれるかなぁ」

 あの子の笑った顔が見たい、とゼクスは思った。きっととてもかわいいだろう。
 次兄ジョカがニヤリとしてゼクスの額をつついた。

「笑ってくれるかどうかはわからねぇけど……気を惹くことはできるぜ。耳を貸せよ。傍まで行って、こう言ってみろ……」

 ボソボソと、耳元で囁かれる。
 次兄のジョカはゼクスより六つも年上で、なんでもよく知っていた。聡明な長兄に比べてやんちゃが過ぎると世間一般の評価はしかし、ゼクスの知るところではない。
 ゼクスはジョカにそそのかされたとおり、エミオンのもとへトコトコ歩いていった。

「……」

 ゼクスを見て小首を傾げるエミオンの前に立ち、ゼクスは大きな声で叫んだ。

「ドブス!」
 
 まわりがザワッとした。
 エミオンはキョトンとしてゼクスを見ていた。
 ゼクスはエミオンのきれいな緑色の眼に自分が映っていることが嬉しくなって、つい何度も同じ言葉を繰り返した。

「ドブス! ドブス! ドーブスッ」

 はじめびっくりしていたエミオンも、傍にいてオロオロする初老の老婆の袖を引っ張り、言葉の意味をたどたどしく訊ねている。
 ここに至って、ゼクスも、「そういえばどういう意味なんだろう」と疑念を抱いた。
 エミオンに催促されて、老婆は困ったようにしわくちゃの顔をゆがめて、こっそりとエミオンに耳打ちした。
 ややあって、みるみると、エミオンの眼に涙がたまったのでゼクスはびっくりした。
 エミオンが声を上げて大粒の涙を流し、泣きじゃくりはじめる。
 ゼクスはわけがわからず、眼をしばたたかせた。
 笑ってほしかったのに。
 ただ、笑ってほしかっただけなのに。
 どうして泣いているんだろう……?
 そこへ次兄のジョカが飛んで来て、ゼクスの腕を掴んだ。

「ばーっか。本当に言う奴がいるかよ。逃げるぞっ」
 
 なぜ逃げなければいけないのかもわからず、ゼクスはひどく混乱した。
 ただひとつわかったことは、どうやら自分はなにかとてもひどいことを言ったらしい、ということだ。
 そしてすぐに、報いを受けた。
 エミオンがヒックヒックと泣きながら、手で眼元を擦り、ゼクスを指差してこう言った。

「あの子、嫌い」











 ――そして受難の恋がはじまる。


<< 次の話 
目次
スポンサーサイト
2012.06.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://akimonogatari7.blog50.fc2.com/tb.php/217-78cb9ace