プロフィール

安芸とわこ

Author:安芸とわこ
 安芸とわこと申します。aki・towako

 ここに置いてある作品は管理人のオリジナルであり、著作権は管理人にあります。無断転載やパクリは厳しく対処いたします。どうぞご了承くださいませ。

 尚、荒らしや悪戯目的の訪問は固くお断りいたします。
 感想・ご意見等は喜んで承ります。

 新刊書籍 王宮書庫のご意見番 発売中
 書籍 恋するきっかけは秘密の王子様 発売中
 書籍 異世界の本屋さんへようこそ! 全3巻 発売中
 書籍 愛してると言いなさい 全4巻 発売中

では、物語が少しでも皆様の心に届きますように……。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新刊 王宮書庫のご意見番

王宮書庫のご意見番 (レジーナブックス)

新品価格
¥1,296から
(2017/4/27 22:32時点)

恋するきっかけは秘密の王子様

恋するきっかけは秘密の王子様 (レジーナブックス)

新品価格
¥1,296から
(2016/5/26 21:43時点)

異世界の本屋さんへようこそ!3

異世界の本屋さんへようこそ!〈3〉 (レジーナブックス)

新品価格
¥1,296から
(2015/6/18 17:42時点)

異世界の本屋さんへようこそ!2

異世界の本屋さんへようこそ!〈2〉 (レジーナブックス)

新品価格
¥1,296から
(2014/9/1 12:17時点)

異世界の本屋さんへようこそ!

異世界の本屋さんへようこそ! (レジーナブックス)

新品価格
¥1,260から
(2014/1/22 13:55時点)

愛してると言いなさい 

愛してると言いなさい (レジーナブックス)

新品価格
¥1,260から
(2011/12/22 01:19時点)

愛してると言いなさい・2

愛してると言いなさい〈2〉 (レジーナブックス)

新品価格
¥1,260から
(2012/1/2 17:42時点)

愛してると言いなさい・3 

愛してると言いなさい 3 (レジーナブックス)

新品価格
¥1,260から
(2012/8/1 22:51時点)

愛してると言いなさい番外編~彼方へ~

愛してると言いなさい番外編―彼方へ (レジーナブックス)

新品価格
¥1,260から
(2013/12/26 11:13時点)

愛してると言いなさい 
愛してると言いなさい・2
愛してると言いなさい・3
愛してると言いなさい・番外編~彼方へ~
アルファポリス様
 
11/10(Sat)

愛してると言いなさい~彼方へ~ 完結です

 こんばんは、安芸です。
 愛してると言いなさい~彼方へ~完結しました。
 長い間の連載におつきあいいただきました読者の皆々様、ありがとうございました!
 心より、心より、心より、お礼申しあげます。
 
 
 *以下、ネタバレ含みます。読まずとも本編には支障ありませんので、興味のある方のみご覧ください。
 既にご承知の通り、彼方~はリゼの物語。終始リゼ視点、及び、紅緒以外の視点で運んでいます。
 愛してる~本編+彼方 で一つの物語。プロットの8・5割が消化です。残りの1・5ですが、諸事情により、少々お待ち下さいませ。第一部となっている点はスルーでお願いします。のちほど、のちほど……平身低頭。

 彼方~については、連載にあたり少々懸念もありました。なにせ、面子ががらりと違う。いつものメンバーじゃないので、こんなの愛してる~じゃない! とか、読みたくない、とか、つまらない! とか思われないかなあ、と。でも普通に本編連載時と同じくらいの読者様に足を運んでいただけたようで、よかったです。

 細かな点を気にしなければ、彼方~だけでも読めることは読める物語に仕立てています。新規の読者の方が彼方~から本編に興味をお持ちいただければうれしいです。

 R15 もちょくちょくありました。やはり糖度にはラブイベントがないと盛り上がりません。ラブイベントも、愛してる~らしくラブコメ&シリアスで展開してみましたが、いかがでしたでしょうか?

 プロローグ     はじまりのセリフはこれしかないだろう、なリゼの必死な訴え。
 世界旅行・十~十一 初夜 はとことん甘く、翌朝オトしました。
 世界旅行・十四   一緒にお風呂 は混浴ならではのオチ。
 世界旅行・十七   紅緒のスト○ップは眼の前でやられたら、そりゃー気が変にもなるよネ。
 世界旅行・二十二  草原の流星観測は絶対に外せないな、と考えていました。
 世界旅行・二十六  椅子ごと紅緒を肩に担ぎあげるのは二度目のリゼです。*第二巻参照。
 世界旅行・二十八  ルシターの最後の一言が彼のためのミッションでした。
 旅の終わり     ハッピーエンドのお届けです。
 エピローグ     気づかれた方、いるでしょうか? 魔法使いは基本、夢を見ない。「夢を見た」と口にしたリゼ。永遠の命を失った代わりに、永遠の愛を得たリゼ。子供という希望がもたらす未来の、連綿と続く命という名の、もうひとつの彼方。どこまでも遠くへ、それはまるで奇跡のような。

 伏線回収しまくった~彼方へ~もこれにて終幕です。
 いずれ、ジークウィーンの物語を書ければな、と思います。しばし猶予をくださいませ……。

 相も変わらず怒涛の更新劇になりましたが、不定期更新にもかかわらずおつきあいいただきまして、感謝の念でいっぱいです。本当にありがとうございました。どうぞこれからもよろしくお願いいたします。 安芸とわこ
スポンサーサイト
 

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
 

 安芸様。
 長きに渡る連載、お疲れ様でした。
 遅まきながら全話読了してまいりました。

 いろんな人のところで言って回っていることなのですが、ワイニストは好きな作品に関して完結話を読むのを避けるタイプです。
 好物は神棚に飾って腐るまで見つめる性分……これは嘘ですが、過去を思い返すと小説、マンガ、映画、ドラマ……大抵、途中で見るなり読むなりをやめます。
 ハッピーエンドでも終わっちゃったらハッピーじゃない! ってことなのかもしれません。

 意を決して読んだエピローグです。
 安芸ワールドは優しくてホクホクしてて、心温まるフィニッシュでした。
 
 感動をありがとうございました。きっと、この先ももうちょっと色々あるのでしょうけれど、まずはお疲れ様でした。そして、これからもずっと続くであろう安芸ワールドを、心から楽しみにしております。

 All good things must come to an end.

 
 

 

Re: ワイニスト様

 こんばんは、ワイニスト様! コメントありがとうございます。

 わ~いらっしゃいませ~。お忙しいところ、足をお運びいただき感謝いたします。
 まずは、ハッピーエンドをお届けいたします。
 エピローグのテーマは、なにげない日常。隠し要素にアレやコレを詰めておりますが、そこはおいといて。
 最後までご覧いただけてよかった。
 皆様の応援があってこそ辿りつけた終幕です。あと、ジークの物語で本当に幕引きとなるのですが、これはまたのお話で。

 LOVE~も更新されていましたね。これからXmas本番でお仕事がお忙しくなるでしょう。お身体に気をつけて、修羅場を乗り切ってください。安芸もこの山を越えたら激励にお伺いしますからー!

 ではまた。ありがとうございました。
 安芸でした。

 
 
PREV HOME NEXT
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
安芸物語