スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OVⅰC ゴスペル LIVE 

2012, 12. 09 (Sun) 13:24

 こんにちは、安芸です。

 昨夜はゴスペルのLIVEに行って参りました。チケットをいただいたので。
 OVⅰCというグループです。ホールはほぼ満員。会社帰りで、ちょっと遅刻しそうになりながらも、滑り込みセーフ!
 アメージンググレースの美しい調べからはじまり、全10曲。アンコールに1曲。
 どの曲もパワフルで圧倒されました。テノールが少し弱かったのが残念……男性はやはり少ないですね。
 その分、アルトが太くて、伸びがよかった。
 私はキリスト教ではないですが、ゴスペルは好きです。歌詞に共感――はあまりできないのですが、ただ、神に祈る姿勢が美しいな、と思います。その教えがあまりにも清らかすぎて煩悩だらけの身には痛い……。
 CRY(OUT)HOLY
 など、Holy holy holy 聖なるかな 聖なるかな 聖なるかな
 と歌い上げるのですが、信仰を持つひとびとにまたとない詩ですよね。
 そしてなんといっても、会場との一体感がよかったです。音楽、手拍子、歌、拍手喝采。
 どれも家にいては味わえないものです。
 
 私の物語には多くの場面で群衆が集まり、音楽だったり、劇だったり、出し物だったり、その手のエピソードが出てきますが、知らないと書けないので、たまに感動の生まれるところに足を運びます。
 それが今回はゴスペル。
 時期も時期で、音楽や歌を愉しむには大変相応しい。
 とても楽しい夜となりました。
 OVⅰCの皆様、ありがとうございました! 

 近況。
 プロットを立てなければいけないのに、中断されていた物語の進行にばかりかまけています。
 受難の恋、嘘キス、まだ君は目覚めない、迷惑な溺愛者←いまここ。
 まもなく、また忙しくなるはず……その前に、もうひと頑張りしたいな、と。
 ではまた。
 引き続きよろしくお願いいたします。
 安芸でした。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。