オリジナル小説サイトです。新刊書籍 王宮書庫のご意見番 恋するきっかけは秘密の王子様 発売中  異世界の本屋さんへようこそ! 全3巻 & 既刊 愛してると言いなさい全4巻 アルファポリス様より発売中です。よろしくお願いいたします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こんばんは、安芸とわこです。
 本日は、新刊のお知らせに参りました。

 タイトル するきっかけ秘密王子様

 アルファポリス レジーナブックス 5月末頃刊行

 イラストレーター あり子

 仕事が忙しくて恋愛どころじゃないヒロイン・ルイと死ぬほどモテるくせに誰にも靡かない騎士(ヒーロー)の物語です。
 全年齢対象、顎クイなどベタ展開あり。読後感は、にぎやか・甘め・爽やかにまとめました。
 本作はファンタジーだけど、ファンタジー要素の少ない、手に取りやすいという点では拙作の中でも一番かな、と思います。
 またカバージャケットがすごく可愛いので、店頭やインターネットで検索した際は、お手に取るかポチっとしてみてください。

 今回も無事、刊行にこぎつけられそうです。
 これもすべて皆様の応援の賜物です。心からお礼申し上げます。
 ありがとうございました!
 発売までまだ少し間がありますので、頑張って宣伝してみようかな、と思っています。

 以下、裏話第一弾? です。興味のある方のみどうぞ。
 今回のヒーローは騎士、ということで、趣味と実益を兼ねてマルタ島へ行ってまいりました!
 マルタ島と言えば。
 知る人ぞ知る、騎士団の聖地! ではありませんが、マルタ騎士団を知らない人はいないでしょう。いや、いるかな。ロードス島は有名ですが、マルタはね……知名度は微妙ですね。第二次世界大戦でも重要な基地だったのですが。
 話を戻し。
 マルタ島は、城塞都市。世界でも珍しい、生の城壁が残っています。首都バレッタは城塞都市の名にふさわしい、堀と城壁に囲まれた街でした。
 詳細は割愛しますが、物語の城塞&騎士館のモデルは、マルタ島&騎士団長の館です。本当は教会とかも出したかったのですが、教会を語ると愛が溢れて止まらない危うい事態になりそうだったので、今回は教会をepisodeに持ち込むのはやめました。また機会があれば、次こそは教会を物語の舞台にしてみたいものです。

 今回も資料集めに奔走。日本語ガイドは限られていて、欲しい場所のガイドがない!! なんてことはざらです。私が欲しい情報は、観光客向けの内容ではないので、なかなか条件に合ったものがないんですよね……。
 というわけで。
 情報の不足は、足で稼ぐ。自分の眼で見て、手で触れる。城壁をペタペタ触りまくっていた日本人は、なにを隠そう私です。写真を撮りまくっていたのもそう。海外に行くと、自分撮りはあまりしません。ほぼ、資料に使うものばかりでデータがいっぱいになります。
 物語には、まだまだ騎士団を書き切れない部分が多く、残念なのですが、愛だけは込めました。笑。
 彼らと共に、お楽しみいただければ幸いです。
 長くなりましたので、ひとまずこの辺で。
 次回また、お付き合いいただければ嬉しいです。

 引き続きよろしくお願いいたします。
 安芸でした。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
 今回のヒーローは騎士、ということで、趣味と実益を兼ねてマルタ島へ行ってまいりました!
 マルタ島と言えば。
 知る人ぞ知る、騎士団の聖地! ではありませんが、マルタ騎士団を知らない人はいないでしょう。いや、いるかな。ロードス島は有名ですが、マルタはね……知名度は微妙ですね。第二次世界大戦でも重要な基地だったのですが。
 話を戻し。
 マルタ島は、城塞都市。世界でも珍しい、生の城壁が残っています。首都バレッタは城塞都市の名にふさわしい、堀と城壁に囲まれた街でした。
 詳細は割愛しますが、物語の城塞&騎士館のモデルは、マルタ島&騎士団長の館です。本当は教会とかも出したかったのですが、教会を語ると愛が溢れて止まらない危うい事態になりそうだったので、今回は教会をepisodeに持ち込むのはやめました。また機会があれば、次こそは教会を物語の舞台にしてみたいものです。

 今回も資料集めに奔走。日本語ガイドは限られていて、欲しい場所のガイドがない!! なんてことはざらです。私が欲しい情報は、観光客向けの内容ではないので、なかなか条件に合ったものがないんですよね……。
 というわけで。
 情報の不足は、足で稼ぐ。自分の眼で見て、手で触れる。城壁をペタペタ触りまくっていた日本人は、なにを隠そう私です。写真を撮りまくっていたのもそう。海外に行くと、自分撮りはあまりしません。ほぼ、資料に使うものばかりでデータがいっぱいになります。
 物語には、まだまだ騎士団を書き切れない部分が多く、残念なのですが、愛だけは込めました。笑。
 彼らと共に、お楽しみいただければ幸いです。
 長くなりましたので、ひとまずこの辺で。
 次回また、お付き合いいただければ嬉しいです。

 引き続きよろしくお願いいたします。
 安芸でした。
スポンサーサイト

【2016/05/05 21:42】 | 恋するきっかけは秘密の王子様
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。