オリジナル小説サイトです。新刊書籍 王宮書庫のご意見番 恋するきっかけは秘密の王子様 発売中  異世界の本屋さんへようこそ! 全3巻 & 既刊 愛してると言いなさい全4巻 アルファポリス様より発売中です。よろしくお願いいたします
 こんばんは、安芸です。
 今月末、アルファポリス様より発売予定の『恋するきっかけは秘密の王子様』のお知らせ小話です。
 ネタバレなしですが、事前情報は一つも知りたくない! という方は、恐れ入りますが閲覧をご遠慮ください。
 小説ではありません。
 宣伝の一環ですが、少しでもお楽しみいただければと思いまして、このような形をとらせていただきました。
 続きます。

 第一回は、R、N、Bの三人です。*Rはヒロイン・ルイです。彼女の名前だけ情報公開されています。
とりあえず、ネタバレなしの自己紹介


R 「はじめまして。こんにちは、Rです。書籍発売前のため、ところどころ伏字で失礼します」
N 「えー。Rちゃん、誰に話しかけてるの?」
R 「えっとね、今月発売になる私たちの本について、読者の皆様にご案内しようと思って」
N 「ふうん、そうなんだ。どうりでお化粧していつもより可愛いと思った」
R 「褒めてくれてありがとう、Nちゃん。ね、Nちゃんも一緒に手伝って」
N 「いいよ。えーと、どんな話だっけ。確か、僕と君がほのぼのラブラブする――」
B 「ちょっと待て。違うだろうが!」
R 「わ。びっくりした」
N 「こんにちは」
B 「おう、こんにちは。じゃねぇよ! どうしてRとラブラブする相手がおまえなんだよ」
N 「あれ、違った?」
B 「よし、捨ててやる」
N 「Rちゃん、助けてー」
R 「B様! Nちゃんを苛めないでください。Nちゃん、大丈夫?」
N 「うん。首が絞まってちょっとオエッってなったけど、大丈夫―」
B 「だから優しくする相手が違うだろうが。R、あんたは俺の傍に来い」
R 「わわわ。か、肩を抱かないでください。ち、近すぎますよ」
B 「いいだろう、別に。さっきから黙って見てれば、Nとはイチャイチャしてたじゃねぇか」
R 「イチャイチャなんてしてませんよ」
N 「うん。これくらい、いつもしてるよねぇ」
B 「やっぱり捨ててやる」
R 「B様! もう、Nちゃんもふざけないの。話が先に進まないでしょ」
N 「あれ、僕のせい?」
B 「そうだ、お・ま・え・の・せ・い・だ」
N 「イチャイチャしてごめんなさい」
B 「反省してないだろう!? ったく、ほんと、油断も隙もねぇな」
R 「ほらほら、B様も、せっかくいらしてくださったんですから機嫌を直してください」
B 「俺は別に……思いがけずあんたの顔が見られたから、機嫌は悪くねぇけど」
R 「え?」
B 「だから、あんたと会えて嬉しいって言ってんだよ」

 しばらくお待ちください(進行役Rが驚いて台本を落としました)。
 
<< 次の話  
目次
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
とりあえず、ネタバレなしの自己紹介


R 「はじめまして。こんにちは、Rです。書籍発売前のため、ところどころ伏字で失礼します」
N 「えー。Rちゃん、誰に話しかけてるの?」
R 「えっとね、今月発売になる私たちの本について、読者の皆様にご案内しようと思って」
N 「ふうん、そうなんだ。どうりでお化粧していつもより可愛いと思った」
R 「褒めてくれてありがとう、Nちゃん。ね、Nちゃんも一緒に手伝って」
N 「いいよ。えーと、どんな話だっけ。確か、僕と君がほのぼのラブラブする――」
B 「ちょっと待て。違うだろうが!」
R 「わ。びっくりした」
N 「こんにちは」
B 「おう、こんにちは。じゃねぇよ! どうしてRとラブラブする相手がおまえなんだよ」
N 「あれ、違った?」
B 「よし、捨ててやる」
N 「Rちゃん、助けてー」
R 「B様! Nちゃんを苛めないでください。Nちゃん、大丈夫?」
N 「うん。首が絞まってちょっとオエッってなったけど、大丈夫―」
B 「だから優しくする相手が違うだろうが。R、あんたは俺の傍に来い」
R 「わわわ。か、肩を抱かないでください。ち、近すぎますよ」
B 「いいだろう、別に。さっきから黙って見てれば、Nとはイチャイチャしてたじゃねぇか」
R 「イチャイチャなんてしてませんよ」
N 「うん。これくらい、いつもしてるよねぇ」
B 「やっぱり捨ててやる」
R 「B様! もう、Nちゃんもふざけないの。話が先に進まないでしょ」
N 「あれ、僕のせい?」
B 「そうだ、お・ま・え・の・せ・い・だ」
N 「イチャイチャしてごめんなさい」
B 「反省してないだろう!? ったく、ほんと、油断も隙もねぇな」
R 「ほらほら、B様も、せっかくいらしてくださったんですから機嫌を直してください」
B 「俺は別に……思いがけずあんたの顔が見られたから、機嫌は悪くねぇけど」
R 「え?」
B 「だから、あんたと会えて嬉しいって言ってんだよ」

 しばらくお待ちください(進行役Rが驚いて台本を落としました)。
 
<< 次の話  
目次
スポンサーサイト

【2016/05/07 21:43】 | 恋するきっかけは秘密の王子様
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック