オリジナル小説サイトです。新刊書籍 王宮書庫のご意見番 恋するきっかけは秘密の王子様 発売中  異世界の本屋さんへようこそ! 全3巻 & 既刊 愛してると言いなさい全4巻 アルファポリス様より発売中です。よろしくお願いいたします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新刊 恋するきっかけは秘密の王子様
ネタバレなしの、ゆるふわ小話。
回。

近日中にレジーナブックス公式サイト番外編小話がUpされます。
<< 前の話

A 「お話中、失礼します。いま作者から横入りがありまして、またとない機会だから少々挿絵についても語るようにとのことです」
R 「そうそう、挿絵もね、どれも素晴らしいの。作者は特に挿絵2が好きみたい。私はちょっと恥ずかしい場面なんだけど、NちゃんとM様の表情がすごくいいそうです。B様もキラキラしていて、かれ――か、か、格好いいんですって」
B 「……R、あんたいま『可憐』って言いかけたな? 俺、忠告したよな。失言したら、公開○刑にするぞって」
R 「(ギクリとし、眼を逸らす)B、B様の気のせいです、よ」
B 「ほー」
E 「まあまあ。○○長殿、広い度量をお持ちなら、女の失言の一つや二つ、笑って許すべきなのでは? ちなみに私は挿絵4かな。Rさんがドレスアップして可愛いんだ」
B 「俺のためにドレスアップしたんだ、可愛いのは当然だろう」
R 「ち、違いますよ!? いえ、まったく違うってわけではないですけど、でも、あの、だって」
E 「否定しなくてもいいんじゃない? ほら、二人の初――」
M 「はい、待った。E殿、ネタバレ禁止」
E 「おっと、危ない。うっかり口を滑らせるところだったな」
B 「まあでも、どれか選べと言われたら、俺なら挿絵6を選ぶな」
M 「ああ、あれ。心臓直撃の決め台詞があったね。確か『笑ってないで、もういいかげんに――』」
B 「違う! それはまったく別の話だろうがっ」
A 「懐かしいですね」
M 「ふふ。わかる人にしかわからないネタだよ」
E 「でも裏情報によると、その台詞に匹敵するイチオシ場面らしいけど?」
M 「へぇー。それはそれは。よかったじゃないか、B」
B 「もう黙れ。ありがたみが失せる」
R 「わ、私はなにも聞いていませんから!」
B 「いや、聞けよ!? あんたが逃げてどうするんだよ!」
E 「そうだそうだー」
R 「E、私で遊ばないで」
E 「心外だな。私はいつだってRさんの味方なのに」
A 「ところでR様、差し出がましいようですが、この(作者は愉快と言っておりますが)誰得な『ネタバレなしのお知らせ小話』も残すところあと一話。次が最後のようです」
R 「わ、本当。皆で喋ってたら、なんだかあっという間」
B 「なに、もう終わりだと? R、俺たちまだ挨拶してねぇぞ」
M 「では、お先に。いま画面をご覧の皆様、自己紹介が遅れて申し訳ありません。騎士○長のMです。本物語はベタ満載でありながら、ラブコメあり、シリアスあり。いつも通り、登場人物過多でお送りいたします。どうぞお楽しみに」


<< 次の話  
目次
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
<< 前の話

A 「お話中、失礼します。いま作者から横入りがありまして、またとない機会だから少々挿絵についても語るようにとのことです」
R 「そうそう、挿絵もね、どれも素晴らしいの。作者は特に挿絵2が好きみたい。私はちょっと恥ずかしい場面なんだけど、NちゃんとM様の表情がすごくいいそうです。B様もキラキラしていて、かれ――か、か、格好いいんですって」
B 「……R、あんたいま『可憐』って言いかけたな? 俺、忠告したよな。失言したら、公開○刑にするぞって」
R 「(ギクリとし、眼を逸らす)B、B様の気のせいです、よ」
B 「ほー」
E 「まあまあ。○○長殿、広い度量をお持ちなら、女の失言の一つや二つ、笑って許すべきなのでは? ちなみに私は挿絵4かな。Rさんがドレスアップして可愛いんだ」
B 「俺のためにドレスアップしたんだ、可愛いのは当然だろう」
R 「ち、違いますよ!? いえ、まったく違うってわけではないですけど、でも、あの、だって」
E 「否定しなくてもいいんじゃない? ほら、二人の初――」
M 「はい、待った。E殿、ネタバレ禁止」
E 「おっと、危ない。うっかり口を滑らせるところだったな」
B 「まあでも、どれか選べと言われたら、俺なら挿絵6を選ぶな」
M 「ああ、あれ。心臓直撃の決め台詞があったね。確か『笑ってないで、もういいかげんに――』」
B 「違う! それはまったく別の話だろうがっ」
A 「懐かしいですね」
M 「ふふ。わかる人にしかわからないネタだよ」
E 「でも裏情報によると、その台詞に匹敵するイチオシ場面らしいけど?」
M 「へぇー。それはそれは。よかったじゃないか、B」
B 「もう黙れ。ありがたみが失せる」
R 「わ、私はなにも聞いていませんから!」
B 「いや、聞けよ!? あんたが逃げてどうするんだよ!」
E 「そうだそうだー」
R 「E、私で遊ばないで」
E 「心外だな。私はいつだってRさんの味方なのに」
A 「ところでR様、差し出がましいようですが、この(作者は愉快と言っておりますが)誰得な『ネタバレなしのお知らせ小話』も残すところあと一話。次が最後のようです」
R 「わ、本当。皆で喋ってたら、なんだかあっという間」
B 「なに、もう終わりだと? R、俺たちまだ挨拶してねぇぞ」
M 「では、お先に。いま画面をご覧の皆様、自己紹介が遅れて申し訳ありません。騎士○長のMです。本物語はベタ満載でありながら、ラブコメあり、シリアスあり。いつも通り、登場人物過多でお送りいたします。どうぞお楽しみに」


<< 次の話  
目次
スポンサーサイト

【2016/05/28 22:21】 | 恋するきっかけは秘密の王子様
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。