オリジナル小説サイトです。新刊書籍 王宮書庫のご意見番 恋するきっかけは秘密の王子様 発売中  異世界の本屋さんへようこそ! 全3巻 & 既刊 愛してると言いなさい全4巻 アルファポリス様より発売中です。よろしくお願いいたします
 こんばんは、安芸とわこです。

 そろそろネタ切れになってきた、王宮書庫のご意見番・裏話その四です。
 ネタバレは含みませんが、興味のない方は回れ右でお願いします。
『世界観』。

 いつも悩みますが、今回は特に「うーん、うーん」と頭を抱えました。
 なぜなら、『倭』もとい『和』の世界をあてたかったから。大好きなんです、飛鳥時代。
 だけどレーベルカラーに合わない。微妙に? 外れている気がする……少なくとも、前例がない。
 でも書きたい。どうしても、袍を着せたい。ドレスではなく、和装で攻めたい。なんとしてでも。
 だって可愛い&格好いいじゃないですか!! ←力説。
 どうにかして、押し通したい……そこで考えたのが、和洋中折衷案。つまり、なんでもあり。
 例えば、シルクロード。中国と地中海世界を結びつけました。まったく違う文明が交易によって混ざりました。
 だったら、漢字の名前をカタカナ変換すれば、それだけでだいぶ印象が違うはず。
 名前そのものも、倭風もとい和風ではなくしてしまえばいい。いっそ、言語圏の垣根を払ってFT仕様にしよう。
 で。国名と首都名は決まり。ネタバレのため伏せますが、わかる人はアレやらアレをもじっていると分かるはず……。
 いっそ袍服も男女兼用にして、ちょっと男女別の仕様に変更してもらえば、制服もとい官服として着せられる。そうしよう。
 倭=和ベースだけど、こだわらず、『読みやすく、なじみ深い世界観』を作ろう、と。
 まあ、いつもながら、細かく設定しすぎた部分もあるのですが……書籍では一覧表になっているから、大丈夫。たぶん。
 そんな『王宮書庫のご意見番』です。
 そんなってどんなよ!? と思われた方にお付き合いいただければ嬉しいです。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
『世界観』。

 いつも悩みますが、今回は特に「うーん、うーん」と頭を抱えました。
 なぜなら、『倭』もとい『和』の世界をあてたかったから。大好きなんです、飛鳥時代。
 だけどレーベルカラーに合わない。微妙に? 外れている気がする……少なくとも、前例がない。
 でも書きたい。どうしても、袍を着せたい。ドレスではなく、和装で攻めたい。なんとしてでも。
 だって可愛い&格好いいじゃないですか!! ←力説。
 どうにかして、押し通したい……そこで考えたのが、和洋中折衷案。つまり、なんでもあり。
 例えば、シルクロード。中国と地中海世界を結びつけました。まったく違う文明が交易によって混ざりました。
 だったら、漢字の名前をカタカナ変換すれば、それだけでだいぶ印象が違うはず。
 名前そのものも、倭風もとい和風ではなくしてしまえばいい。いっそ、言語圏の垣根を払ってFT仕様にしよう。
 で。国名と首都名は決まり。ネタバレのため伏せますが、わかる人はアレやらアレをもじっていると分かるはず……。
 いっそ袍服も男女兼用にして、ちょっと男女別の仕様に変更してもらえば、制服もとい官服として着せられる。そうしよう。
 倭=和ベースだけど、こだわらず、『読みやすく、なじみ深い世界観』を作ろう、と。
 まあ、いつもながら、細かく設定しすぎた部分もあるのですが……書籍では一覧表になっているから、大丈夫。たぶん。
 そんな『王宮書庫のご意見番』です。
 そんなってどんなよ!? と思われた方にお付き合いいただければ嬉しいです。
スポンサーサイト

【2017/05/17 18:48】 | 王宮書庫のご意見番
トラックバック(0) |

面白かったです。
うみお
私も飛鳥時代大好きだから、雰囲気とても楽しめました!!出来れば、出来れば、続編超希望ですが、、、
どうなんだろう!!本屋さんでタイトルで、手にとったこの作品。するする読んじゃいました!楽しかった。わたしもご意見番様に相談したいw

Re:うみお様
安芸とわこ
 こんばんは、うみお様! コメントありがとうございます。

 王宮書庫のご意見番 読了ありがとうございました!
 ご感想、とても嬉しいです。よかった、楽しんでいただけて。
 飛鳥時代、いいですよね~。時代感をそのまま演出することは諸事情によりできなかったのですが、ファンタジーを交えつつ、できるだけ雰囲気を損なわないように心掛けた甲斐がありました。
 
> 出来れば、出来れば、続編超希望ですが、、、

 私も書きたいです。笑。

> どうなんだろう!!本屋さんでタイトルで、手にとったこの作品。するする読んじゃいました!楽しかった。わたしもご意見番様に相談したいw

 わかります。私も書名に『本』とか『古書店』とか『図書館』とか『書店員』とあると、つい手が伸びてしまいます。
 それでもたくさんある本の中で拙作を手に取り、読了の上に感想まで寄せていただけるなんて本当に嬉しかったです。
 ありがとうございました!
 
 ぜひ、またお気が向きましたらご来訪くださいませ。
 引き続きよろしくお願い致します。
 安芸とわこでした。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
面白かったです。
私も飛鳥時代大好きだから、雰囲気とても楽しめました!!出来れば、出来れば、続編超希望ですが、、、
どうなんだろう!!本屋さんでタイトルで、手にとったこの作品。するする読んじゃいました!楽しかった。わたしもご意見番様に相談したいw
2017/06/26(Mon) 18:08 | URL  | うみお #-[ 編集]
Re:うみお様
 こんばんは、うみお様! コメントありがとうございます。

 王宮書庫のご意見番 読了ありがとうございました!
 ご感想、とても嬉しいです。よかった、楽しんでいただけて。
 飛鳥時代、いいですよね~。時代感をそのまま演出することは諸事情によりできなかったのですが、ファンタジーを交えつつ、できるだけ雰囲気を損なわないように心掛けた甲斐がありました。
 
> 出来れば、出来れば、続編超希望ですが、、、

 私も書きたいです。笑。

> どうなんだろう!!本屋さんでタイトルで、手にとったこの作品。するする読んじゃいました!楽しかった。わたしもご意見番様に相談したいw

 わかります。私も書名に『本』とか『古書店』とか『図書館』とか『書店員』とあると、つい手が伸びてしまいます。
 それでもたくさんある本の中で拙作を手に取り、読了の上に感想まで寄せていただけるなんて本当に嬉しかったです。
 ありがとうございました!
 
 ぜひ、またお気が向きましたらご来訪くださいませ。
 引き続きよろしくお願い致します。
 安芸とわこでした。
2017/06/26(Mon) 22:00 | URL  | 安芸とわこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック