オリジナル小説サイトです。新刊書籍 王宮書庫のご意見番 恋するきっかけは秘密の王子様 発売中  異世界の本屋さんへようこそ! 全3巻 & 既刊 愛してると言いなさい全4巻 アルファポリス様より発売中です。よろしくお願いいたします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こんばんは、安芸です。

 愛してる~の更新が遅れていてすみません。
 なろう様で連載中の まだ君は目覚めない を切りのいいところまで書いてから、とせっせとあちらを執筆中。
 頭の中の映像をうまく文章に綴れず、納得のいく簡潔かつぴたりと相応しい表現に苦しみ、悶えてます。


 以下、煮詰まった私の頭の中のいろいろです。
 基本、つまらないひとりごとですので、お忙しい方は回れ右を、お時間のある方のみおつきあいください。

 物語は易しく見えても易しく書けるとは限らない。
 
 誰にでも書けそうな物語 と見えたとしてもそんなわけがあるはずない。
 一見、どんなに安直でばかばかしくて、くだらないパターンにはまった物語でも、それが人気作であるならば、やはり作者様の懸命な努力の賜物だと思うのです。

 特にライトノベルというジャンルはそう侮られがちで。

 私は自分の物語を特に「ライトノベル」と区分けしたことはないのですが、世間的に見たらどうなのでしょう?
 最近、というか、ここ数年、オンノベに参加するようになってから、自分の書き方が幾分は変わったな、と認識しています。
 とにかく、読者の方に読みやすいようにしよう、と。
 とかく、私の物語は登場人物の多さ、伏線、展開、どれもメンドクサイので、せめて少しでも読者様になじみやすい形にしよう、と人格付けや文体、セリフ回しをかためからゆるめに調整などして、私なりに気をつけています。その成果があるのかないのか、自分では判別の付けようもないのですが。

 皆様の貴重な時間をいただくのだから、少しでも、愉しめるものを、と願いまして。
 同時に、自分が楽しくなくては書き続けることは困難なので、それも念頭に置きながら。
 たまによぎる、なぜに自分はこんな苦しい思いまでして書かなきゃならないの、とジレンマにのたうちつつ。
 それでも、他の作者様の物語に感動したりすれば、やっぱり自分も頑張ろう、と思います。

 そろそろ、まだ~に戻れるかな。もう少し、書けるかな。このなんてことはない場面のどこに引っかかりを憶えるのか、自分の未熟さが腹立だしいです。

 では、また。
 引き続きよろしくお願いいたします。
 安芸とわこでした。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

 物語は易しく見えても易しく書けるとは限らない。
 
 誰にでも書けそうな物語 と見えたとしてもそんなわけがあるはずない。
 一見、どんなに安直でばかばかしくて、くだらないパターンにはまった物語でも、それが人気作であるならば、やはり作者様の懸命な努力の賜物だと思うのです。

 特にライトノベルというジャンルはそう侮られがちで。

 私は自分の物語を特に「ライトノベル」と区分けしたことはないのですが、世間的に見たらどうなのでしょう?
 最近、というか、ここ数年、オンノベに参加するようになってから、自分の書き方が幾分は変わったな、と認識しています。
 とにかく、読者の方に読みやすいようにしよう、と。
 とかく、私の物語は登場人物の多さ、伏線、展開、どれもメンドクサイので、せめて少しでも読者様になじみやすい形にしよう、と人格付けや文体、セリフ回しをかためからゆるめに調整などして、私なりに気をつけています。その成果があるのかないのか、自分では判別の付けようもないのですが。

 皆様の貴重な時間をいただくのだから、少しでも、愉しめるものを、と願いまして。
 同時に、自分が楽しくなくては書き続けることは困難なので、それも念頭に置きながら。
 たまによぎる、なぜに自分はこんな苦しい思いまでして書かなきゃならないの、とジレンマにのたうちつつ。
 それでも、他の作者様の物語に感動したりすれば、やっぱり自分も頑張ろう、と思います。

 そろそろ、まだ~に戻れるかな。もう少し、書けるかな。このなんてことはない場面のどこに引っかかりを憶えるのか、自分の未熟さが腹立だしいです。

 では、また。
 引き続きよろしくお願いいたします。
 安芸とわこでした。
スポンサーサイト

【2011/07/06 01:36】 | 日々あれこれ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。